24時間表示!スイス製GLYCINE【グリシン】Airman Vintage【エアマン・ビンテージ】Noon自動巻き腕時計/ミリタリーウォッチ/腕時計/アメリカ空軍パイロット/グライシン/エアマン PM/AM/DC-4

24時間表示!スイス製GLYCINE【グリシン】Airman Vintage【エアマン・ビンテージ】Noon自動巻き腕時計/ミリタリーウォッチ/腕時計/アメリカ空軍パイロット/グライシン/エアマン PM/AM/DC-4
商品名 24時間表示!スイス製GLYCINE【グリシン】Airman Vintage【エアマン・ビンテージ】Noon自動巻き腕時計/ミリタリーウォッチ/腕時計/アメリカ空軍パイロット/グライシン/エアマン PM/AM/DC-4
価格 202,400円
販売元 加坪屋(かつぼや)
商品詳細 幻と言われているブラックダイアル仕様! GLYCINEを代表する エアマンの初期型モデルを復刻! 一番最初のエアマン PM/AM NOON 1953年に誕生した GLYCINE【グリシン】のAirman【エアマン】 一番最初に開発し発売したエアマンPM/AMを復刻しました。針もオリジナルと同じペンシル型針を採用。 当時はアメリカで成功を収めております。 その後、黒文字盤にアロー型針という、現在のエアマンと同じ針が使われています。 赤い文字のデイトも、オリジナルと同じカラーです。 24時間表示の自動巻きで、回転ベゼルを利用する事で 2ヶ国の時刻表示が可能な腕時計として、 ベトナム戦争時に、アメリア軍制式採用されないながらも、便利な2ヶ国表示&24時間表示時計として アメリカ軍パイロットに絶大な人気を誇ったAirman【エアマン】 2000年以降、数多くのAirman【エアマン】が復刻され Airman8やAirman18などのオリジナルに近いケースサイズを採用したモデルや、Airman17やAiman46のように 大きなケースを採用したり、様々な復刻モデルが誕生しました。 ■幻と言われているブラックダイアルを復活 一番最初のエアマンであるPM/AMモデルですが、現時点で公式に確認出来ているのがホワイトダイアルだけになります。ブラックダイアルもかなり珍しい割合で見つかってはいるのですが、完全に当時流通していたと言えず、発売前のプロトタイプの可能性も高いです。 実際に発売されたのかが不明のため、幻のエアマンPM/AMと言われています。 ■短針が1日1回転のみの24時間表示モデルになります。 生産国:スイス スイス製自動巻きムーヴメント搭載 SW330-1ムーヴメント搭載 ハック機能(秒針停止装置) 機械が見える裏ブタスケルトン ステンレスケース ナイロンストラップ サファイアガラス 回転ベゼル ベゼルストッパ付き スクリューバック 20気圧防水 メーカー保証付き ケース直径 約41ミリ ※リューズを除く ケース厚さ 約12ミリ バンド幅22ミリ ※予告なしに若干仕様が変わる恐れが御座います。 ■店長のひとこと 当店でも根強い人気を誇るGLYCINE【グリシン】が再上陸です。当店では20年以上取扱いをしているグリシン。 元々はスイスの小さな時計メーカーで、ほぼほぼ家族的な経営規模でした。そして、近年では大手企業がGLYCINEを買収を繰り返し、現在ではアメリカの会社が販売権を持っています。 しかし、小さい家族経営時を知る人物より、再度日本での販売を相談され、今回再び当店にて取扱いが決定。 GLYCIEN【グリシン】を代表するシリーズであるAirman【エアマン】文字盤上にAM/PMの刻印がある1950年代の初期型エアマンを復刻しております。 エアマン初期モデルのため、当時はホワイトダイアルにペンシル型針を採用したエアマンのみが発売され、アメリカで成功を収めたモデルです。その後、世界市場でヒットするために修正が加えられて黒文字盤にアロー型針を採用したエアマンがバーゼルフェアで発表されます。 広く知られているエアマンの初期を再現したエアマン PM/AMモデルです。スイス製GLYCINE【グリシン】 エアマン・ビンテージ自動巻き エアマン PM/AM NOON 幻と言われているブラックダイアルを復活! 1950年代に、一番最初に発売した エアマンPM/AM NOONを復刻しました! 針やデイトなど、オリジナルに近い完成度! 加坪屋なら国内送料無料です! ■アメリカ軍パイロットに愛されたエアーマン。 正式に軍へ供給していた腕時計ではありませんが、ベトナム戦争時に アメリカ軍パイロットに人気の高かったのがグリシン社のエアーマンです。 ミリタリーウォッチなどの本や雑誌などにも必ずと言っていい程、紹介されるモデルです。 ダイヤル上に1時から24時まで完全に表示されており、自動巻きムーヴメントを搭載。 ダイヤルカラーには黒と白の2種類がありました。また24時が頂点に表示されている モデルと、12時が頂点になっているモデルの2種類の時刻表示にもなっており、 時間を直感的に読むという点で、どちらでも読みやすい2種類が存在していたようです。 空母の中などの昼&夜がわからなくなりがちな中では24時間表示の時計が 任務などにも便利であったと思われます。 2000年にはエアーマン2000として復刻され、その後ケース径が36ミリの エアーマン8とケース径46ミリのエアーマン46ミリを発表。 アメリカや日本でも人気を博しましたが2006年春に生産終了。 エアーマン・シリーズはその他自動巻きムーヴメントを3個搭載したエアーマン7や 自動巻きクロノグラフGMTを搭載したエアーマン9を発表。 2006年には、ボーイング社の超高速輸送機をモチーフに製作されたエアーマンSSTを 初めて復刻しております。 2007年、日本やアメリカからの強い要望もあり2000年当時のエアマン8と46を リニューアル生産を決定。 エアマン17、エアマン18としてリニューアル。 ■GLYCINE【グリシン】のAirman【エアーマン】について GLYCINE【グリシン】のAiman【エアマン】と、 ベトナム戦争時に、アメリカ軍パイロットに人気のあったエアマン 代表的な写真。

楽天ウェブサービスセンター

楽天ランキング

楽天市場の売れ筋商品の人気ランキングをリアルタイムで検索します。欲しいものがきっと見つかります。

トップページへ

  • 価格別ランキング
  • 男性ランキング
  • 女性ランキング
  • 月間ランキング
  • 週間ランキング
  • デイリーランキング
価格別ランキング / 男性ランキング / 女性ランキング / 月間ランキング / 週間ランキング / デイリーランキング
ページトップへ